読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新長田まちなか勉強会

神戸市の新長田で、映画、音楽、本、地図、芸能、あらゆる “もの” を通して、古今東西の社会情勢や歴史、背景などを楽しく勉強しましょう。表面的な出来事の背後にある大切なものを見る目を養い、みんなで話し合うことによりたくさんの異なる視点を得ることができます。実際は、わいわい楽しみながら感想を語り合いつつ社会問題に迫っていく感じ。

第27回 『去年マリエンバートで』 Xの記憶、Aの記憶、嘘、事実、真実

次回のビデオ上映会のお知らせです
去年マリエンバートで

【L'Année dernière à Marienbad】
 監督 : アラン・レネ
 脚本 : アラン・ロブ=グリエ
 フランス・イタリア合作映画 1961年 94分

男が豪華装飾の建物に入っていくところから映画は始まります。不気味なオルガンの音色に乗せて延々繰り返されるモノローグ。
どうやら金持ちが集まっているホテルだと気づくのですが、人々は表情がなかったり静止状態だったり、庭園の木に影がなかったり、現実の世界とは思えません。

男は言います。「私達は会ったことがあります。去年、フレデリクスバートで。でなかったら、カルルスタットか、マリエンバートで。あるいはここで」
タイトルの「マリエンバートで」が「フレデリクスバートで」となっていないところからして、曖昧で事実かどうかわからないということを伝えてる気がします。

男は、あなたはこうでした、あの時あなたはこう言いましたと、女に言いつづけるのですが、女は「いいえ。そんなことはありません」と否定します。男が何度も言ううちに、女の記憶は変わり、ついに二人は・・・

それぞれの記憶では、衣装も違っているし、風景も違っています。同じ彫刻なのに、置かれている場所や角度が違っています。
いったい誰の記憶が正しくて、誰が嘘をついているのか。それともそんな事実は最初からなかったのか。

これは、意味を考えて見るよりも、映画の世界にどっぷりと入り込み、それぞれの人物の記憶に身を任せると、とても面白い映画だと思いますよ。

映画の後で、あそこはあーだ、こーだと語り合いましょう。

日時 : 2017年 2月12日(日)15:00〜 申し込み不要 
 場所 : どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅上2分
      新長田駅から大正筋を六間道商店街まで南へ10分
 参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20170113230813j:plain