読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新長田まちなか勉強会

神戸市の新長田で、映画、音楽、本、地図、芸能、あらゆる “もの” を通して、古今東西の社会情勢や歴史、背景などを楽しく勉強しましょう。表面的な出来事の背後にある大切なものを見る目を養い、みんなで話し合うことによりたくさんの異なる視点を得ることができます。実際は、わいわい楽しみながら感想を語り合いつつ社会問題に迫っていく感じ。

第24回 『主婦マリーがしたこと』フェミニズムの切り口から見てみてもいいかも

次のビデオ上映会のお知らせです。

主婦マリーがしたこと
【Une affaire de femmes】
監督 : クロード・シャブロル
1988年 フランス映画 108分

題名にぎょっとしますね。さて、マリーは何をしたのでしょう。
それは堕胎を手伝ったのです。
舞台は第2次世界大戦中のフランス。ほとんどの男たちは戦地に赴いており、今妊娠したということは、夫の子どもではないということ。そんな当時のある日、アパートの隣に住む主婦が妊娠して困っているところに出くわしたマリーは、ひょんなことから堕胎を手伝ってあげました。そしてお礼に蓄音機をもらいます。
蓄音機で音楽を聴きながら、つかの間、戦中の苦しさを紛らわしていたところ、うわさを聞きつけた女たちが堕胎手術を求めてやってきます。これによりマリーは少し金持ちになることができました。
さらに、知り合った娼婦に空いている部屋を売春宿として使わせてあげたところ喜ばれ、これまた商売として手広く営んでまいります。けっこうな贅沢三昧の暮らしができるようになりました。
そんなところへ、戦地から負傷した夫が帰ってきます。でもマリーはもう夫に愛は残っていませんでした。
愛人を作って贅沢な暮らしをし、自分を邪険にするマリーに腹を立てた夫は、なんと・・・。

無免許の堕胎手術はもちろん法律違反です。
でも困っている女性を助け、自立して自分の商才で金持ちになるなんぞ、すばらしいことだと思います。でもナチスの顔色を伺い、閉塞感のあるフランスはマリーに過酷な最期を与えました。時代とカトリックが絡み合って、不幸な結末を招いたのだと思います。
男だったら法律違反して成金になっても、当たり前すぎて映画にはならないでしょう。
そして、まだこの時代こんな刑があったんだなぁと、フランスという国にびっくりします。

ぜひご覧ください。
いつもと時間が変わっています。ご注意くださいね。

日時 : 2016年124日(日)4:00 申し込み不要 
場所 : どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅上2分
      新長田駅から大正筋を六間道商店街まで南へ10分
参加費 : 500円 (会場使用料として)

f:id:tdhss:20161115225452j:plain