読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新長田まちなか勉強会

神戸市の新長田で、映画、音楽、本、地図、芸能、あらゆる “もの” を通して、古今東西の社会情勢や歴史、背景などを楽しく勉強しましょう。表面的な出来事の背後にある大切なものを見る目を養い、みんなで話し合うことによりたくさんの異なる視点を得ることができます。実際は、わいわい楽しみながら感想を語り合いつつ社会問題に迫っていく感じ。

第19回 ロシアの没落貴族「持参金がない娘」が嫁に行くには・・・

ソビエト映画シリーズの7月映画会のおしらせです。

『持参金のない娘』
   ЖЕСТОКИЙ Романс

監督:エリダル・リャザーノフ
1984年 ソ連映画 145分

 舞台は革命前の1870年頃。ボルガ河畔の波止場でオグダーロワ夫人は、娘が嫁ぐのを見送っています。三女のラリーサも姉たちと同様に持参金なしで嫁がさなければなりません。
 ラリーサには金持ちのクヌーロフ、幼ななじみのヴォジェワートフ、貧しい官吏のカランデイシェフらが言い寄っていましたが、ラリーサは地主で貴公子のパラートフに気がありました。
 ところがある日、パラートフは一方的に去っていきます。ラリーサは母親の選んだグリャーエフという男と結婚しなければならなくなりますが、その男は銀行のお金を着服して逮捕。しかたなくラリーサは風采の上がらないカランディシェフとの結婚に踏み切ります。
 ちょうどそこへパラートフが再び現れたのですが、……

 恋愛のもつれによるとんでもないエンディングを伴って、壮絶な人間ドラマが描かれていますが、ロシア貴族の暮らしやボルガ河の景色、美しい音楽、とても楽しめる映画です。

 どうぞみなさんお越しください。

日時 : 2016年 7月21日(日) 3:00~  申込み不用 

場所 : どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅上2分
      新長田駅から大正筋を六間道商店街まで南へ10分

参加費 : 500円 (会場使用料として)

f:id:tdhss:20160627233611j:plain