新長田まちなか勉強会

神戸市の新長田で、映画、音楽、本、地図、芸能、あらゆる “もの” を通して、古今東西の社会情勢や歴史、背景などを楽しく勉強しましょう。表面的な出来事の背後にある大切なものを見る目を養い、みんなで話し合うことによりたくさんの異なる視点を得ることができます。実際は、わいわい楽しみながら感想を語り合いつつ社会問題に迫っていく感じ。

「父 パードレ・パドローネ」親の支配に打ち勝つ日

次回の映画会のお知らせです。

 父 パードレ・パドローネ
 【Padre Padrone】
 監督:パオロ・タヴィアーニヴィットリオ・タヴィアーニ
 1977年 イタリア映画 114分

パオロ・タヴィアーニヴィットリオ・タヴィアーニは兄弟で、お兄さんのヴィットリオはほんの2ヶ月前の4月に亡くなりました。今度の映画会はお弔い鑑賞会です。
兄弟でたくさんの映画を撮りました。演出は一緒にしているそうです。
今回の上映は『父 パードレ・パドローネ』を選びました。ガヴィーノ・レッダの自伝的小説が原作です。

あらすじ
 地中海の孤島サルディーニア。冒頭で原作者本人が出てきて自分の生い立ちを語り始めます。
 カヴィーノが学んでいる小学校に父親が突然棒を持って現れます。羊飼いに学問はいらないとカヴィーノは無理やり家に連れ戻され、山奥の羊小屋で羊の番をしながらたった一人で生活することになりました。
 誰とも喋らない孤独と、恐ろしい自然への恐怖。そして父親からの厳しい折檻。パードレとパドローネは音が似ていますが、パードレは父、パドローネは主人という意味。ガヴィーノは父であり主人である人から強い支配を受けて、文盲のまま育ちます。
 孤独から体を揺する癖がついたり、たまたま通りかかった旅芸人の音楽に心打たれりと、彼の厳しい生活は二十歳になるまで続きます。
 そして徴兵され軍隊に入った時、ガヴィーノに転機が訪れました。
 サルディーニア島の言葉しか知らなかったガヴィーノは本土の標準イタリア語が理解できませんでした。それを助けてくれたのが軍隊仲間のチェーザレ。彼からイタリア語を学び、どんどん知識を吸収して高校の卒業資格を得、さらに大学受験をしようとしますが、そのことが父親に知れた時、・・・。

 子どもを所有物のように扱うのは決して許されることではありません。そういう考えのせいで、今でも子どもの虐待死が後をたたない。ガヴィーノは成功して言語学者になりましたが、そうじゃない子の方が圧倒的に多いと思います。
 でもサルディーニア島は自然環境が過酷ゆえに強い家父長制が残り、息子を徒弟のように育てて跡を継がせルシかなかったのでしょう。
 父親もそのようにして育ってきたのです。だからこそ息子が自分の知らない世界に行くのが怖い。怖いからこそ行かせたくない。父親もその慣習の被害者なのですね。

 今回は教育のこと、慣習のこと、タヴィアーニ兄弟の描き方のこと、いろいろ話しましょう。
どうぞお越しください。

  日時 : 2018年 7月29日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180617231422j:plain

フェリーニの「カビリアの夜」で「最貧困女子」問題を考える

次回の映画会のご案内が大変遅くなりました。
6月10日、もう明日に迫っております。

 カビリアの夜
 監督:フェデリコ・フェリーニ
 【Le Notti di Cabiria】1957年 113分


 なかなか書けなかったのは、忙しいのが理由ではなく、主人公カビリアの生き方に胸が潰れてしまったのがやはり大きな理由です。
 最近日本でも若者の貧困が問題となっており、さらに定職に就けなかったり、国の援助が受けられなかったりする人はもっともっと酷い状況にあって、女性では性産業で働かざるを得ない人たちもいます。最近読んだ本では『最貧困女子』(鈴木大介著,幻冬舎新書. 2014) 『最貧困シングルマザー』(鈴木大介著,朝日文庫. 2015) が詳しいルポタージュでした。
 みんな好きでやっているのではなく、早くこの生活から抜け出したいと思っているのです。
 映画の中のカビリアも、「いつかこの状況が変わる」と信じ、それを心から願ってるので、裏切られたときは本気で怒ります。じっと耐えない。そこがいいですね。そしてその後であっけらかんと立ち直ります。
 でもオスカーは実に用意周到でした。催眠術中の「持ち家も貯金もある」っていう言葉を聞いていたんですね。
 最後のカビリアの表情が素晴らしい。彼女の心はとても純粋で根っから人を信じるタイプ。だから騙されるのでしょう。だけど、「ボナ・セーラ(こんばんは)」と微笑んで言われたら、世の中にはまだいい人はいっぱいいるんだと思って、また明日から頑張れるんでしょうね。そういう表情ができるジュリエッタ・マシーナの演技が冴えます。この映画の成功はジュリエッタ・マシーナの演技力に尽きますね。ぜひ映画会にお越しください。
 貧困問題やジュリエッタ・マシーナの演技など感想をいろいろ話し合いましょう。

    日時 : 2018年 6月10日(日)15:00〜  事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180609132505j:plain

第43回 子どもが子どもらしい時を過ごすひと夏。そして残酷な結末『ふたりのトスカーナ』

前回のヴィスコンティの時代絵巻メロドラマとは打って変わって、次回はかわいい子どもたちに癒されるとてもいい映画をご紹介します。

  ふたりのトスカーナ  
 【IL CIELO CADE】
   監督:アンドレア・フラッツィ, アントニオ・フラッツィ
   2000年 イタリア映画 102分


第2次世界大戦下、事故で両親を亡くしたペニーとベビーの姉妹のは、引き取られた先で愛情に満ちたあふれた生活を送ります。しかしそこはユダヤ人の家でした。

 あらすじ
ペニーとベビーの姉妹は両親が事故で亡くなったため、叔母さん夫婦のもとに引き取られます。とても優しい叔母さんと厳しいけれども人格者の叔父さん。
叔母さん夫婦の子どもたちは突然やってきた姉妹に戸惑うものの、すぐに仲よくなります。そしてみんなに愛され、ペニーとベビーはトスカーナの美しい自然の中でのびのびと楽しく過ごします。

叔父さんが家でイタリア語とは違う言葉をしゃべっていたり、教会へ行かなかったりするのでペニーは本気で心配するのですが、そこがまた本当に可愛らしい。

やがてドイツ軍が村にやってくると、叔父さん一家の生活が一変します。というのは叔父さんはユダヤ人だったのです。ユダヤ人というのは人種ではなくユダヤ教を信じる人という意味。信じる宗教が違うだけで排斥される不条理がよくわかります。

叔父さんの名字はアインシュタイン。あの物理学者アルベルト・アインシュタインの弟です。

伯母役のイザベラ・ロッセリーニは映画監督のロベルト・ロッセリーニイングリッド・バーグマンの娘で、母親にとても似ていますね。

原作はロレンツァ マッツェッティの自伝です。つまり生き残ったわけですが、それはなぜかは映画をご覧になってください。ぜひお越しください。

    日時 : 2018年 5月20日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180420213645j:plain

 

 

第42回 ヴィスコンティの『夏の嵐』:メロドラマを耽美な映像で見る

新しいシリーズが始まりました。
 <イタリアシリーズ>と題して、半年間でイタリア映画を6本取り上げたいと思います。
とは言うものの、イタリア映画は名作が多く、たった6本を選ぶのは困難を極めました。
そこでイタリア映画らしい作品でイタリアの社会や歴史がわかるものを中心に選びましたので、いろいろな感想が出てくるんじゃないかなと思います。どうぞ6ヶ月間お付き合いください。

イタリアシリーズ第1回目は

『夏の嵐』
 【Senso】
 監督:ルキノ・ヴィスコンティ
 1954年 イタリア映画 121分

 ルキノ・ヴィスコンティはイタリア北部の大貴族の生まれで、ネオレアリズモから出発しました。その後貴族の心象を投影したような重厚で耽美な世界を描くようになり、『ベニスに死す』などが有名だと思います。

 さて、『夏の嵐』はカミロ・ボイトの短篇小説『Senso(官能)』が原作で、ヴェネツィアの公爵夫人とオーストリア軍の将校との破滅的な恋をルキノ・ヴィスコンティがオペラ的に描いています。

あらすじ
 1866年、ヴェネツィアオーストリアに占領されていました。
 オペラを観劇中だったリヴィアは、従兄弟で独立運動家の侯爵ロベルトとオーストリア軍の将校フランツが決闘騒ぎを起こすのに遭遇します。
 リヴィアはロベルトを救うため双方をとりなし、フランツに決闘の申し出を断るように頼みに行きます。
 決闘は免れたものの、フランツの密告によりロベルトは逮捕され流刑となります。
 その後リヴィアはフランツと再会しますが、美貌のフランツにほだされ、二人は逢瀬を重ねるようになります。
 やがて再びイタリアとオーストリアの戦争が勃発し、リヴィアは流刑先から逃げてきたロベルトに再会します。その時ロベルトはリヴィアに軍資金の保管を頼みますが、リヴィアはその金をフランツの除隊のために使ってしまいます。
やがてイタリア軍は敗れ、リヴィアはヴェロナにいるフランツの元に走りますが、そこでリヴィアはフランツの本意を知り、思わずある行動に出ます・・・。

 ヴィスコンティらしい豪華なセットとブルックナーの第七交響曲ホ長調が見事に調和して、ヴィスコンティの傑作のひとつだと思います。

 イタリアといえばオペラ。オペラといえばメロドラマ。と言うわけでイタリアのメロドラマをお楽しみください。

 
     日時 : 2018年 4月15日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180328234132j:plain

第41回 『アギーレ/神の怒り』征服欲の凄まじさ

次回の映画会のご案内をいたします。
南米映画シリーズの最終回は

『アギーレ/神の怒り』
【Aguirre, der Zorn Gottes】
 監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
 1972年 西ドイツ映画 93分

南米シリーズなのに、また南米以外の監督作品になってしまいました。
監督はドイツ人、そして映画内で話されている言葉もドイツ語です。
しかし、アメリカ大陸の歴史を考える時、コンキスタドール(征服者)のことは外せないと考えました。
ピュリッツア賞を受賞した『銃・病原菌・鉄』ジャレド ダイアモンド著を読んだ時も思いましたが、アメリカ大陸の運命は本当にこの「銃・病原菌・鉄」に左右されたのだなと悲しくなります。16世紀にピサロ率いるたった168人の部隊がインカ帝国を滅ぼしてしまったのですから。

1526年スペインのコンキスタドール(征服者)はペルーのインカ帝国の領土に達しました。そして1532年、ピサロたちはついにインカ帝国を滅ぼします。
さらにピサロたちは黄金郷エル・ドラドがあると信じてジャングルの奥地へと隊を進めました。この探検隊の分隊にいた副官がアギーレ、今回の主人公です。

ヘルツォーク監督とよく組んでいるクラウス・キンスキーがアギーレを「怪演」していますが、その形相はなんともすさまじく、演じてるのかどうかもよくわからなくなってきます。
CGがまだない時代ですので、すべてが実写。当時の重い機材をみんなで背負ってジャングルを移動していたそうで、真に迫った演技は実は素なのかもしれません。一行の心身の衰弱が半端じゃありません。

あらすじ
1560年、伝説の黄金郷エル・ドラドへの夢に憑かれ、スペインからやってきた征服者ピサロ分隊
副官のアギーレは、自分の娘や分隊長の愛人、僧や貴族などと一緒にアマゾンの奥地を目指して筏で川を下っていきます。
アマゾン川の激流に飲まれたり、人喰いインディオに襲撃を受けたりで、兵士たちは一人また一人と減っていきます。
食料も底をつき、一行は極限状態の中アギーレは次第に狂気に駆られ、ついに自らを「神の怒り」と名乗るのでした。

そこまでしてなぜ突き進む?と思うのですが、こんな風にしてアメリカ大陸は西洋人に蹂躙されていったのでしょうね。

征服したほうが勝ちという考えが現在でも続いていることに、憤りとむなしさを感じます。
お時間があれば、鑑賞後感想を話し合いましょう。

     日時 : 2018年 3月25日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180227214226j:plain

 

第40回 『スール/その先は…愛』はアルゼンチンの再生と家族の再生

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
前回の映画会は本当に寒い一日でしたが、来月は少しは暖かくなっているといいですね。
2月の映画のお知らせをいたします。南米シリーズ第5弾はアルゼンチン。

 スール/その先は…愛
 【Sur】
 監督  : フェルナンド・E・ソラナス
 1988  アルゼンチン  118分

 音楽はタンゴの巨匠アストル・ピアソラ。それをバンドネオンで奏でるのは、こちらも有名なネストル・マルコーニ。
そしてタンゴ歌手のロベルト・ゴジェネチェなどが歌います。音楽だけでも必見の価値がある映画です。
 監督、脚本のフェルナンド・E・ソラナスは、1976年アルゼンチンにクーデターが起こり、軍事政権に支配されると、翌年には家族とともにパリへ亡命しています。映画製作の拠点をフランスに移して作品を撮った後、アルゼンチンの民主化が整った1985年に8年ぶりに祖国に戻りました。
帰国して最初に撮ったのがこの作品です。

あらすじ
 アルゼンチンの軍事独裁政権が終わり、主人公の男フロレアルが刑務所から出てきます。
 彼は妻の待つ家に向かいながら、いろいろなことを回想します。
 逮捕のきっかけとなった5年前、フロレアルは組合活動に関与したことから秘密警察に追われ、廃墟に身を隠しました。そこで出会ったマリアと行きずりの関係を持ちますが、その後逮捕されてしまいます。
 一方妻のロシは逮捕された夫を一生懸命に探し出し、夫に会いに刑務所に向かいます。しかしロシも夫がいない間、夫の友人の愛を受け入れてしまったのです。
 さて、家に着いたフロレアルはなかなか家に入れません。そこで夜の闇を歩き回るのですが、なぜか死んだはずの友人たちが現れ、彼がいない間のアルゼンチンの独裁政権の様子を語ります。

 アルゼンチンは1974年ペロン大統領が死去すると、3番目の夫人イサベル・ペロン(エビータではありませんよ)が世界初の女性大統領として就任しました。しかし夫の時代から続く国内の混乱は改善されずすぐに解任され、代わってビデラ将軍による軍事政権が樹立しました。
 彼ら一派は反政府活動家の拷問や殺害を命じ、なんと行方不明者が3万人も出たという時代でした。
 その独裁政権が崩壊し、活動家だった男が弾圧で死んだ仲間たちの思いを受け、今後のアルゼンチンと崩壊した家庭をどう再生していくかという意味がこめられているように感じます。

 みなさんはこの映画を見てどう思われるでしょう。
 鑑賞後の雑談も楽しいですよ。どうぞお越しください。

  日時 : 2018年 2月25日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180203115101j:plain

第40回 コロンビアの事実を集めた映画『そして、一粒のひかり』

あけましておめでとうございます。
2017年はたくさんの方にお集まりいただいて、どうもありがとうございました。
2018年も引き続きいい映画を一緒に鑑賞しましょう。
幕開けは南米シリーズ第4回目となる『そして、一粒のひかり』です。
今回はコロンビアが舞台です。

そして、一粒のひかり
原題:MARIA FULL OF GRACE
監督:ジョシュア・マーストン
2004年 アメリカ・コロンビア映画 110分


 コロンビアに住む17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)は、バラ農園で単純作業をしながら、母親や姉一家の面倒を見ています。ボーイフレンドはいるけれど、本当に愛しているのかどうかもわからない様子。
 そんなある日、マリアは些細な出来事で仕事を辞めさせられてしまいます。それに追い打ちをかけるように妊娠していることに気づきます。
 仕方なく都会に出て働こうと思ったマリアは「旅に関係する仕事」があることを知ります。それは麻薬の袋を胃の中に飲み込んで密輸するという大変危険な仕事でした。もし体内で袋が破れたら死んでしまうのです。

 さてマリアにはどんな未来が開けているのでしょうか。

 主役のマリアを演じたタリーナ・サンディノ・モレノはとても美しい女性で、コロンビア人で初めてアカデミー賞にノミネートされ、話題となりました。またアカデミー賞以外にもベルリン国際映画祭銀熊賞を始め数十賞のノミネート&受賞し、高い評価を得ています。

 当日は映画評論家の嶋田邦雄さんの解説を聞いて、感想を話し合いましょう。
お待ちしております。

     日時 : 2018年 1月28日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180101002717j:plain