新長田まちなか勉強会

神戸市の新長田で、映画、音楽、本、地図、芸能、あらゆる “もの” を通して、古今東西の社会情勢や歴史、背景などを楽しく勉強しましょう。表面的な出来事の背後にある大切なものを見る目を養い、みんなで話し合うことによりたくさんの異なる視点を得ることができます。実際は、わいわい楽しみながら感想を語り合いつつ社会問題に迫っていく感じ。

第40回 『スール/その先は…愛』はアルゼンチンの再生と家族の再生

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
前回の映画会は本当に寒い一日でしたが、来月は少しは暖かくなっているといいですね。
2月の映画のお知らせをいたします。南米シリーズ第5弾はアルゼンチン。

 スール/その先は…愛
 【Sur】
 監督  : フェルナンド・E・ソラナス
 1988  アルゼンチン  118分

 音楽はタンゴの巨匠アストル・ピアソラ。それをバンドネオンで奏でるのは、こちらも有名なネストル・マルコーニ。
そしてタンゴ歌手のロベルト・ゴジェネチェなどが歌います。音楽だけでも必見の価値がある映画です。
 監督、脚本のフェルナンド・E・ソラナスは、1976年アルゼンチンにクーデターが起こり、軍事政権に支配されると、翌年には家族とともにパリへ亡命しています。映画製作の拠点をフランスに移して作品を撮った後、アルゼンチンの民主化が整った1985年に8年ぶりに祖国に戻りました。
帰国して最初に撮ったのがこの作品です。

あらすじ
 アルゼンチンの軍事独裁政権が終わり、主人公の男フロレアルが刑務所から出てきます。
 彼は妻の待つ家に向かいながら、いろいろなことを回想します。
 逮捕のきっかけとなった5年前、フロレアルは組合活動に関与したことから秘密警察に追われ、廃墟に身を隠しました。そこで出会ったマリアと行きずりの関係を持ちますが、その後逮捕されてしまいます。
 一方妻のロシは逮捕された夫を一生懸命に探し出し、夫に会いに刑務所に向かいます。しかしロシも夫がいない間、夫の友人の愛を受け入れてしまったのです。
 さて、家に着いたフロレアルはなかなか家に入れません。そこで夜の闇を歩き回るのですが、なぜか死んだはずの友人たちが現れ、彼がいない間のアルゼンチンの独裁政権の様子を語ります。

 アルゼンチンは1974年ペロン大統領が死去すると、3番目の夫人イサベル・ペロン(エビータではありませんよ)が世界初の女性大統領として就任しました。しかし夫の時代から続く国内の混乱は改善されずすぐに解任され、代わってビデラ将軍による軍事政権が樹立しました。
 彼ら一派は反政府活動家の拷問や殺害を命じ、なんと行方不明者が3万人も出たという時代でした。
 その独裁政権が崩壊し、活動家だった男が弾圧で死んだ仲間たちの思いを受け、今後のアルゼンチンと崩壊した家庭をどう再生していくかという意味がこめられているように感じます。

 みなさんはこの映画を見てどう思われるでしょう。
 鑑賞後の雑談も楽しいですよ。どうぞお越しください。

  日時 : 2018年 2月25日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180203115101j:plain

第40回 コロンビアの事実を集めた映画『そして、一粒のひかり』

あけましておめでとうございます。
2017年はたくさんの方にお集まりいただいて、どうもありがとうございました。
2018年も引き続きいい映画を一緒に鑑賞しましょう。
幕開けは南米シリーズ第4回目となる『そして、一粒のひかり』です。
今回はコロンビアが舞台です。

そして、一粒のひかり
原題:MARIA FULL OF GRACE
監督:ジョシュア・マーストン
2004年 アメリカ・コロンビア映画 110分


 コロンビアに住む17歳のマリア(カタリーナ・サンディノ・モレノ)は、バラ農園で単純作業をしながら、母親や姉一家の面倒を見ています。ボーイフレンドはいるけれど、本当に愛しているのかどうかもわからない様子。
 そんなある日、マリアは些細な出来事で仕事を辞めさせられてしまいます。それに追い打ちをかけるように妊娠していることに気づきます。
 仕方なく都会に出て働こうと思ったマリアは「旅に関係する仕事」があることを知ります。それは麻薬の袋を胃の中に飲み込んで密輸するという大変危険な仕事でした。もし体内で袋が破れたら死んでしまうのです。

 さてマリアにはどんな未来が開けているのでしょうか。

 主役のマリアを演じたタリーナ・サンディノ・モレノはとても美しい女性で、コロンビア人で初めてアカデミー賞にノミネートされ、話題となりました。またアカデミー賞以外にもベルリン国際映画祭銀熊賞を始め数十賞のノミネート&受賞し、高い評価を得ています。

 当日は映画評論家の嶋田邦雄さんの解説を聞いて、感想を話し合いましょう。
お待ちしております。

     日時 : 2018年 1月28日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20180101002717j:plain

第38回 クリスマス・イブに「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」を上映します

12月のビデオ上映会のお知らせです。
12月は24日、クリスマス・イブに開催します。夜にパーティがある方も、デートがある方も、3時からの上映ですので大丈夫ですよ。もちろんパートナーや家族・仲間もお誘いいただと、より大歓迎です。

 メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬
 原題:The Three Burials of Melquiades Estrada
 監督:トミー・リー・ジョーンズ
 2005年 アメリカ・フランス映画 122分

トミー・リー・ジョーンズは、1994年にテレビ映画の監督をしていますが、劇場映画の監督はこの作品が初めてとなります。脚本はメキシコ出身のギレルモ・アリアガ。『21グラム』や『バベル』などでよく知られています。

あらすじ
 テキサスとメキシコの国境地帯、国境警備員のマイク(バリー・ペッパー)は高校時代の人気者同志の結婚なのですが、妻に対しては体を求めるだけの厭な男。だから妻の方も浮気を望んでいます。
 そんなマイクが誤って牧場で働くメキシコ移民のメルキアデス・エストラーダを射殺してしまいました。しかし目撃者がいなかったことから死体を埋めて事件を隠ぺいするのですが、すぐに野生のジャッカルが掘り起こしてしまいます。これが一度目の埋葬。
 薬莢からすぐに犯人がマイクとわかるのですが、身内の犯行で、さらにメルキアデスは不法移民だったことから、警察は再び遺体を埋葬します。これが二度目の埋葬。
 ところがメルキアデスは生前「俺が死んだら故郷ヒメネスに埋めてほしい」と言っており、仲のよかったカウボーイのピート(トミー・リー・ジョーンズ)が遺体を掘り起こし、マイクと共にメルキアデスの故郷ヒメネスを目指します。といってもマイクを誘って一緒に行く旅ではありません。マイクを脅し無理やり連れだす旅。そしてヒメネスに近づくにつれ、男たちそれぞれが本当は弱く、居場所がなく、寂しかったことがわかり、お互いを思いやる気持ちが芽生えてきます。さてロードムービーになるのでしょうか。
 見終わったあとに、きっと胸に熱い思いがこみ上げてくるでしょう。
というわけでクリスマス・イブにぴったりの南米映画だと思います。みなさんぜひお越しください。

     日時 : 2017年 12月24日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
  参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20171124200131j:plain

第37回 「ケマダの戦い」で南米の歴史、砂糖の歴史、植民地の歴史を考えよう

南米シリーズの第2弾はカリブ海に浮かぶ島が舞台です。と言ってもそれは架空の島。制作時はスペイン領だったのですが、スペインからクレームがついたので、ポルトガル領ということになりました。
そして、制作はイタリア人監督。
南米シリーズと言いつつ、前回に引き続き南米以外の国の制作です。それだけ南米問題を描くのは当事者には難しいということでしょうか。

 ケマダの戦い
  【Queimada】
  監督: ジッロ・ポンテコルヴォ
  1971年 イタリア映画 115分

あらすじ
19世紀、カリブ海に浮かぶケマダ島にイギリス人ウォーカー卿が降り立ちました。
この島は16世紀にポルトガル人がやってきて、原住民の反乱を抑えるために島の全土を焼き放ち、そこに黒人奴隷を連れてきて植民地とした所です。ウォーカー卿は、ポルトガルによる砂糖の独占を阻止するために、イギリス政府から派遣されたのでした。
彼は奴隷の中から指導者になりそうな青年ホセを見つけ、革命を起こすように説得します。
一方、ウォーカー卿は白人と黒人の混血デディーにポルトガル提督を暗殺させ、革命は見事成功したのでした。
政権を取ったものの黒人奴隷たちは政治については素人でした。仕方なく大統領の座はテディに譲ります。
しかしこれこそがもともとウォーカー卿が目論んでいたことで、イギリスは砂糖の利権をうまくポルトガルから奪うことができたのでした。ポルトガルと戦争ということになったら大変な出費になってしまうからです。
それから10年がたったある日、イギリスに戻っていたウォーカー卿のもとにケマダで黒人奴隷たちが反乱を起こしていると連絡が入ります。再びケマダに戻ったウォーカー卿はホセが率いる反乱軍の鎮圧にあたりますが…

コロンブスの2回目の航海で新大陸にサトウキビがもたらされ、大規模な砂糖のプランテーションが稼働し始めました。作業にアフリカから何万人もの奴隷が連れて来られました。当初は大変に高価だった砂糖も、19世紀になると庶民にも広がり、紅茶に砂糖を入れて飲むことで砂糖が大量に消費されるようになりました。精糖会社の株価が上がると、投資家がそこに投資し、その潤沢な資金でたくさんの奴隷が買われ、さらにプランテーションを拡大。砂糖の安定した供給の裏にはこうした西洋諸国の汚いやり口があったのです。

奴隷を働かせることでしかなりたたないプランテーションだけでも酷い話なのに、この映画ではさらに、その土地を持っている国から利権を奪うために奴隷たちを騙すようなことがいとも簡単に行われていたことに愕然とします。

映画の出来は洗練されているとは言い難いのですが、南米の歴史、砂糖の歴史、植民地の歴史を考えるのに大変いい映画だと思います。
トップスターと「ゴッド・ファーザー」のちょうど間くらいのマーロン・ブランドが出演しています。
ぜひ一緒に見て、ワイワイ話をいたしましょう。

    日時 : 2017年 11月19日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
    場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
    参加費 : 500円(会場使用料として)

f:id:tdhss:20171104193035j:plain

 

第36回 小説を見事に映像化「蜘蛛女のキス」

さて2017年後半は南米シリーズと題しまして、南アメリカの映画を6回分取り上げたいと思います。
たくさんの国があり、素晴らしい作品も多いので、6作品を選ぶのに苦労しましたが、トップバッターは「蜘蛛女のキス」で南米映画の素晴らしさを再確認いたしましょう。

 

 蜘蛛女のキス
 [El Beso De La Mujer Araña / Kiss of the Spider Woman]
 監督 : エクトール・バベンコ
 1985年 ブラジル/アメリカ映画 121分


1976年にアルゼンチンで出版されてベストセラーとなったマヌエル・プイグ作の小説をレナード・シュレーダーが脚色し、監督エクトール・バベンコが映画化しました。

 あらすじ
ファシズムの風が吹くブエノスアイレスの刑務所に一緒に収監されているのは、未成年者に対する性的行為のかどで逮捕されたゲイのモリーナと、政治犯のヴァレンティン。
お互いに相手の生き方が理解できず反目し合っているのだが、モリーナはある日ヴァレンティンに映画のストーリーを語り始める。
やがて二人は心を通わせ、お互いの生き方を尊敬しあうようになる。しかしモリーナは刑務所長から、ヴァレンティンの革命組織の情報を聞き出したら出獄させてやると言われているのだった。

 

小説が大変すばらしくて、映画化されたと知った時見たいと強く思いました。小説がほとんど二人の会話とモリーナの語る映画の話で構成されており、読みながらこれを映像化したら素敵だろうなと思っていたからです。
そして実際に映画を見てみると、モリーナの語る映画がヴァレンティンの頭に描かれる映像になっているのに気づきました。つまり、映画のヒロインの顔がヴァレンティンの恋人なのです。あぁ、そういうことかと気づいてこの監督の手腕に感動しました。
主演のウィリアム・ハートは第58回アカデミー賞主演男優賞をはじめ、カンヌ映画祭など各国の賞を総なめ。今は亡くなったラウル・ジュリアも役柄にぴったりです。

ラストシーンは本当に胸が張り裂けそうになります。
レンタルビデオ店でもあまり見かけないので、どうぞこの機会にみなさんお越しください。
ぜひ一緒に見て感想を語り合いたいですね。

    f:id:tdhss:20171005172858j:plain

     日時 : 2017年 10月29日(日)15:00〜 事前申し込の必要はありません
  場所 : 劇団どろアトリエ
    (新長田アスタくにづか5番館2階奥)
      地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
      新長田駅から大正筋を南へ12分
 参加費 : 500円(会場使用料として)
 

第35回 「風櫃の少年」さまざまな閉塞感に苛まれながら、一歩づつ大人になっていく少年。青春の終わりを見事に切り取った台湾ニューシネマ。

9月30日は中国シリーズの最終回を飾るのに、台湾映画を取り上げました。
思い込みで「風櫃の少年」の上映会をお知らせをしたものとばかり思っていましたが、10月の新シリーズを書く段になってやっと気がつきました。
事後報告になりましたので、今回は上映会当日にお話しされた嶋田邦雄さんの解説を載せたいと思います。

 風櫃の少年(ふんくいのしょうねん)
  [風櫃來的人]
 監督 : 侯孝賢
 1983年 台湾映画 (日本での公開1990年)
 101分

台湾の映画は、戦後国民党が中国本土から台湾へ移ってきたことにより北京語に統制され、内容もカンフーを中心に作られました。
しかし1980年代になって、台湾ニューシネマという新しいジャンルが生まれました。
それは、台湾の言葉を使い、台湾の普通の生活を描くというものです。
映画の世界でも政治の世界でも台湾のアイデンティティを求める動きが表面化してきたのでした。1986年には民進党が結成され、1987年には戒厳令が解除されたのです。
1947年の二・二八事件以来、40年間も国民党による独裁政治が続き、政府に反対する人々が投獄されたり殺されたりしていました。ニュースや映画などでご覧になった方も多いでしょう。
1983年に作られたこの映画が、1990年になってやっと日本で公開されたことが理解できました!

侯孝賢監督が1983年のそのような台湾の状況下でこの作品を撮ったということは実にすばらしいことですね。
つまり、主人公たちは確かに悪ガキなんだけれども、根っからのワルではなく、社会に対して自らドロップアウトしており、反対に出世成功している人はそういった社会の波を(心を殺して or 媚びへつらって)上手に泳いでいるということになります。
大きな出来事が起こるでもなく淡々と進むペースにちっとも嫌気がささないのは、映像の美しさと構図のおもしろさにあるでしょう。
若いときにみんな一度は感じる自分のまわりの小さな世界への閉塞感を見事に描いた作品だと思います。

 あらすじ
台湾の風櫃という漁師町に住む阿清(アチン)、阿栄(アロン)、郭(グォズ)たちは、対立する不良グループと喧嘩したり、だらだら過ごしたり、毎日を無為に暮らしている。阿清の父親は頭蓋骨が陥没する重度障害者で、彼はそんな父親の世話をするのもうんざりしていた。
そんなとき、いつもの喧嘩が警察沙汰となり、阿清たちは家を出て高雄に行くことに決める。
高雄に住む阿栄の姉さんの紹介で住むところと仕事先を世話してもらうのだが、下宿先には仕事場の先輩とその恋人小杏(シャオシン)が住んでいた。
ところが、先輩は工場の部品を横流ししていることが発覚したため、小杏を置いて出て行ってしまう。小杏に好意を寄せる阿清。そこに父親の訃報が届き……
さまざまな閉塞感に苛まれながら、一歩づつ大人になっていく少年。青春の終わりを見事に切り取った台湾ニューシネマ。

f:id:tdhss:20171005213845j:plain

 

第34回 「現場報告 ガザ2016・ケニア2017 : わたしの協力、わたしの挑戦」開催のお知らせ

世界では刻々と情勢が変化し、また複雑になっています。
政治、経済、紛争などが日本にも影響を及ぼすという理由で世界情勢に関心を持つことも重要ですが、生まれた国が違っただけで、現在たった今を困難に生きている人々がいるということに思いを馳せ、その解決方法を考えていくことも大切だと思います。

新長田まちなか勉強会では、外部の専門家をお招きして講演をしていただいたり、世界の映画作品を鑑賞したりして、歴史や社会構造を勉強してきました。
今回は、NGO活動を通してパレスチナケニアで国際協力を行ってきた多田茉莉絵さんをお迎えして、パレスチナガザ地区ヨルダン川西岸地区、及びケニアの西部カカメガの最新情報を伝えていただきます。
中東のニュースがISIS一辺倒になり、パレスチナ問題が忘れかけられている今、貴重なお話が伺えると思います。
また、日本にはあまり入ってこないアフリカの様子も知れるでしょう。

当日は、たくさんのスライド写真を見ながら、現地の最新情報と国際協力の現場とその問題点について語っていたく予定です。
このお話で、現在世界に広がる「格差」と「紛争」について問題提起ができたらと思っています。

たくさんのみなさんのご参加をお待ちしております。

二部構成になっています。第1部「パレスチナ」、第2部「ケニア」のうち、関心のある部だけ参加することも可能です。

<パンフレットより抜粋>

 パレスチナ自治区ガザは2014年夏イスラエルからの激しい空爆を受けインフラ機能が壊滅状態になりましたしかし政治間対立のため人は現在も塀の中に隔離されたまま困窮をきわめています私の所属するNGOは井戸の修繕・建設による生計回復支援を行いました
 一方ケニアは都市部の発展に対し農村部では感染症の蔓延、土壌劣化、低い生産性などさまざまな問題により格差が広がっていますそんな取り残された農村にエコサントイレという環境衛生トイレを導入し村民の公衆衛生を図りトイレから採れた肥料を利用して農業収入を創出する支援をしてきました
 今回は国際援助の理論と現場とのギャップに悩んだ日を振り返り日本のNGOによる国際協力と私の理想とする国際協力を語りますまたガザ地区ケニア西部の現況をスライドでたっぷりご紹介する予定です

 日時 : 2017年 9月24日(日)
     第1部:13:00-14:30 パレスチナ
     第2部:15:00-16:30 ケニア
 場所 : どろアトリエ (新長田アスタくにづか5番館2階)
     地下鉄海岸線駒ヶ林駅すぐ
     新長田駅から大正筋を南へ12分
 料金 : 500円
 予約 : https://ws.formzu.net/fgen/S27853230/
      shinnagatamachinaka@yahoo.co.jp
      当日参加も歓迎します。

f:id:tdhss:20170827223549j:plain